消毒用アルコールの安全な取扱いについて

新型コロナウィルス感染症の発生に伴い、手指の消毒等のため、消毒用アルコールを使用する機会が増えていますが、一般に消毒用アルコールの物性として、次の特徴があります。
○ 火気 に近づけると 引火しやすい 。
○アルコールから発生する可燃性蒸気は、空気より重く、低いところにたまりやすい 。
 このため、ご家庭や事業所などにおいて、消毒用アルコールを使用する場合、下記に示す火災予防上の一般的な注意事項に十分注意の上、安全に取り扱ってください。

【火災予防上の一般的な注意事項】
☆ 消毒用アルコールを使用するときは、火気の近くで使用しないようにしましょう。
☆ 消毒用アルコールを容器に詰め替える場合は、漏れ、あふれ又は飛散しないよう注意しましょう。
 また、詰め替えた容器に“消毒用アルコール”や“火気厳禁”などの注意事項を記載してください。
☆ 消毒用アルコールの容器を落下させたり、衝撃を与えることのないように気をつけてください。
☆ 消毒用アルコールの容器を設置・保管する場所は、直射日光が当たる場所や高温となる場所は避けましょう。
☆ 室内の消毒や消毒用アルコールの容器詰替えなどにより、アルコールの可燃性蒸気が滞留するおそれがある場合には、通気性の良い場所や換気が行われている場所で行いましょう。
 また、密閉した室内で多量の消毒用アルコールの噴霧を行うことはさけましょう。

○注意喚起リーフレット  消毒用アルコールの安全な取扱いについて(PDF)

上砂川町からのお知らせ

パンケの湯

空知でホームページ制作ならにこいち

鉄道模型買取

探偵社・興信所の選び方マニュアル

お金のミカタ

BIZee

ベーコンさんの世界ブログ

広告募集<中

ページ先頭へ

大好きな笑顔が集う町 北海道上砂川町役場ホームページ