本日4月17日(水)で上砂川町は開拓から120年を迎えました。

 明治32年4月17日に上砂川町開拓の祖山内甚之助氏により上砂川の地に開拓の鍬が下ろされてから今年で120年を迎えました。
 町では、開拓から120年開町から70年を祝して様々な事業を行いますので、ぜひご参加ください。
 また、開拓から上砂川町が開町するまでの歴史をまとめましたので、少し長い文章ですが、興味がある方はぜひご覧ください。

上砂川開拓の歴史

 上砂川町の歴史は明治31年、入念な調査を重ねパンケウタシナイの地を選び、道から貸下げを認められた山内甚之助氏が、翌32年4月17日に現在の鶉本町地区に移住したことから始まります。
 開拓を成功させるという強い思いから、山内甚之助氏は入地者を厳選し、移住から2年の間に21戸の自作農と4戸の小作農を集め、山内家を中心とする鶉農場が現在の鶉本町生活館付近に誕生しました。
 その後、厳しい開墾に尽力を続けた鶉農場は順調に開拓され、当時施行された成墾検定により、道内でも屈指の模範部落として評価されたことから、道の貸下げ地が無償で譲渡され自己所有となり、砂川村の第9部落として自作農の道を歩み始めることとなりました。

上砂川町が開町するまで

 明治31年、山内甚之助氏の入植と時を同じくして、三井合名会社(後の三井鉱山株式会社)は上砂川地区での本格的な炭田調査を行い、炭田開発を決意。その後土地取得を行い、大正3年に実験的に第一坑を採掘し、本町に事務所を建設。翌4年に施業案を提出し、2年後の大正6年から正式に採炭が始められました。
 年を追うごとに急増する石炭の需要に合わせ、三井は坑口を次々と開坑し、発電所、学校、水道や病院も建設し、石炭の町として急激な発展を遂げ、上砂川地区の人口も2万人まで増加したことから、同じ上砂川地区にありながらパンケウタシナイ川を境に砂川町と歌志内町に分断されていることに対する不便さを訴える声が強まり、両町で分町運動が展開されました。
 両町民の分町に向けた運動の成果もあり、昭和23年10月4日、道庁が上砂川町の設置を決意し、翌24年1月1日に新しい上砂川町が誕生しました。

平成31年度上砂川町公共事業発注一覧をお知らせします。

 公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律施行令第4条に基づき、平成31年度上砂川町の公共事業発注一覧をお知らせいたします。

平成31年度上砂川町公共事業発注一覧【PDF】

4/7は北海道知事・北海道議会議員選挙の投票日です

 4月7日(日)は北海道知事・北海道議会議員選挙の投票日です。
◯投票できる時間は午前7時から午後7時までです。
◯入場券に記載の投票所を確認のうえ投票所に出かけましょう。
◯身体の不自由な人や字の書けない人のために代理投票制度がありますので受付に申し出てください。
◯投票される方と一緒の18歳未満の方や、補助者・介助者の方は投票所に入ることができます。

期日前投票・不在者投票

 投票日当日に仕事や旅行、病気などの理由で投票できない人は、期日前投票または不在者投票を利用しましょう。
 ◯期間 4月6日(土)まで
 ◯時間 午前8時30分~午後8時
 ◯会場 役場東館1階第4会議室

■問合先 上砂川町選挙管理委員会(☎62-2011)

町営住宅の入居者を募集します(東山高齢者住宅・東鶉町営住宅)

 町営住宅の入居者を募集します。(東山高齢者住宅・東鶉町営住宅)

東山高齢者住宅

東山高齢者住宅外観写真 東山高齢者住宅間取り
■物件住所 北海道空知郡上砂川町東山北1条2丁目
■間取り・家賃 1LDK(全室バリアフリー)・16,000円~
■入居資格 日常生活上、自立可能な概ね65歳以上(配偶者、子についても、概ね60歳以上)の夫婦世帯・親子世帯、または単身世帯で次の一つに該当する方。ただし、世帯員(同居人)2名が限度です。
①生活環境、または住宅事情などの理由で、現に住んでいる居宅において日常生活を営むことが困難な方。
②家庭の事情により、家族との同居が困難な方。
■募集戸数 若干数(申込書等により入居資格を審査します。)
住居施設内は、段差が少なく、草刈りや除雪の心配がありません。
また、管理人が常駐し、緊急時の通報装置も備えておりますので、高齢者の方も安心して暮らすことができる住宅です。
■申込締切 令和元年5月15日(水)(締切後に空戸がある場合は、随時入居申込を受付します。)
■問合先 上砂川町役場福祉課福祉係(0125-62-2222)


東鶉町営住宅

■募集住宅
 ① 住 所 東鶉北3条3丁目1番1-35号(3階建の3階)
   間取り 3LDK(73.75㎡) 家 賃 20,300円~
 ② 住 所 東鶉北3条3丁目1番3-23号(3階建の2階)
   間取り 2LDK(65.71㎡) 家 賃 19,300円~
 ①東鶉町営住宅間取り3LDK  ②東鶉町営住宅2LDK
■入居資格
 ・ 現在、住宅に困っている世帯
 ・ 世帯の人全員が税金や住宅料・水道料などを滞納していない
 ・ 暴力団員等でない(同居しようとする親族全員)
 ・ 2人以上で同居する世帯
 ・ 世帯の中に1人以上、給与所得者または年金所得者がいる
 ※入居資格を満たしていない方は、申込みできません。
■その他 共用灯電気料(月2,000円程度)が必要です
■申込受付 4月1日(月) ~ 10日(水)(土日祝日を除く)
 ※申込者多数の場合は申込者の住宅困窮度や特殊事情などに基づいて審査し、
  結果が等しくなった場合は抽選により入居者を決定します。
■問合・申込先 役場管理係(62-2221)

上砂川町オリジナルトートバック「ジモトート」目標金額達成!!

目標金額達成しました!

上砂川町オリジナルトートバック「ジモトート」目標金額達成しました!
 皆さんのご協力のおかげで無事、目標金額を達成することができました。ご賛同ありがとうございます。
目標金額は達成しましたが、ジモトートの受付は3月31日(日)まで継続しておりますので、上砂川町のトートバックが欲しいという方はぜひ下記サイトよりお申込みください。

商品化までの流れ

1.クラウドファンディングで「ジモトート」の制作に必要な費用を募集
  一口2,000円100口 200,000円以上応募があれば、制作決定!
  ↑達成!
2.サポーターからジモトートのデザインに加えるモチーフを募集
3.ジモトート担当デザイナーがサポーターから出た意見を参考にデザイン
4.ジモトート完成!

クラウドファンディングのリターン品

上砂川町オリジナルデザイン「ジモトート」
ファイターズ応援大使コラボ企画限定缶バッチ付
・応援大使の選手缶バッチ
・応援大使ロゴ缶バッチ
・JIMOTO缶バッチ

■申込先
 「ファイターズ応援大使と一緒にジモトートで『じ・も・と』を応援しよう!」公式サイト

■問合先 役場企画課地域振興係(電話0125-62-2223)

町民センターにファイターズグッズ展示コーナーを移動しました

 北海道日本ハムファイターズの中田翔選手と石川亮選手の等身大パネルなどファイターズグッズの展示コーナーを役場から町民センターロビーに移動しました。
 3月1日に札幌で行われた北海道日本ハムファイターズ2019決起集会&激励会でサインをいただいた、キャップとボールも展示していますので、ぜひご覧ください。

■町民センター開館時間 火~日曜日 午前9時~午後9時
北海道日本ハムファイターズグッズ展示コーナー

北海道179市町村応援大使プロジェクト2019年度決起集会&激励会に出席しました

 3月2日(金)、ロイトン札幌で開催された北海道179市町村応援大使プロジェクト2019年度決起集会にて、上砂川町の応援大使に決定した中田翔選手と石川亮選手へのご挨拶と、「スフェラーランタン」と「スフェラースティック」、「ニジマス燻製」を贈呈しました。
 また、両選手に帽子とボールにサインをいただきましたので、町民センター内の応援大使グッズの展示コーナーに展示しました。(展示コーナーは役場から移動しました。)
 お近くにおいでの際は、ぜひご覧ください。

北海道日本ハムファイターズ2019決起集会集合写真ファイターズ中田選手、石川選手と奥山町長談笑中
ファイターズ中田選手、石川選手と奥山町長の記念撮影北海道日本ハムファイターズ2019激励会集合写真

ジモトートでファイターズ応援大使と上砂川町を応援しませんか?

ジモトートチラシ
 北海道日本ハムファイターズの活動『北海道179市町村応援
大使』と北海道各市町村のモチーフをプリントした『ジモトート』
がコラボレーション!
 『ジモトート』のクラウドファンディングサービスで
サポーターを募集し、目標金額に達成した場合は上砂川町の
『ジモトート』が商品化されます!




商品化までの流れ

1.クラウドファンディングで「ジモトート」の制作に必要な費用をサポーターから募集
  一口2,000円100口 200,000円以上応募があれば、制作決定!
2.サポーターからジモトートのデザインに加えるモチーフを募集
3.ジモトート担当デザイナーがサポーターから出た意見を参考にデザイン
4.ジモトート完成!

クラウドファンディングのリターン品

上砂川町オリジナルデザイン「ジモトート」
ファイターズ応援大使コラボ企画限定缶バッチ付
・応援大使の選手缶バッチ
・応援大使ロゴ缶バッチ
・JIMOTO缶バッチ

■受付期間 2月15日(金)~3月31日(日)
■申込先
 「ファイターズ応援大使と一緒にジモトートで『じ・も・と』を応援しよう!」公式サイト
※上記サイトは2月15日よりアクセス可能です。
■問合先 役場企画課地域振興係(電話0125-62-2223)
    

上砂川町移住体験モニター事業を実施しています

上砂川町移住体験モニター事業実施中!!


 上砂川町では移住・定住を促進するため、上砂川町での暮らし体験や町内企業で就業体験を行う、上砂川町移住体験モニターを実施しており、2月5日(火)~8日(金)の4日間、東京都から益満さんが移住体験に上砂川町を訪れています。

移住体験の様子


2月5日(火)

 移住体験初日は奥山町長へ訪問の後、上砂川町内の案内や近隣市町の紹介を行いました。
上砂川町移住体験モニター奥山町長と記念撮影

2月6日(水)

 移住体験2日目の6日は、午前中近隣市町での自然体験。
砂川市のオアシスパークでワカサギ釣りの後、浦臼町の浦臼神社で野鳥と触れ合いました。
上砂川町移住体験モニター(砂川オアシスパーク) 上砂川町移住体験モニター(浦臼神社)
 午後からは㈱京都セミコンダクター上砂川事業所さんで就業体験。
会社説明と工場見学の後、製品の点灯検査に挑戦しました。
上砂川町移住体験モニター(㈱京都セミコンダクター上砂川事業所で就業体験) 上砂川町移住体験モニター(㈱京都セミコンダクター上砂川事業所で就業体験)
上砂川町移住体験モニター(㈱京都セミコンダクター上砂川事業所で就業体験)

 明日、7日(木)は上砂川岳温泉パンケの湯で就業体験、日本庭園でかんじき体験、その後手打ちそば勝寿庵さんでそば打ち体験を行う予定です。