• 奥山光一町長

    上砂川町長 奥山 光一

    上砂川町役場

    〒073-0292 北海道空知郡
    上砂川町字上砂川町40番地10

    q0125-62-2011

    p0125-62-3773

  • 人口・世帯数

    人口 3,291人

    男性 1,490人

    女性 1,801人

    世帯数 1,915世帯

    平成28年9月1日現在

町営住宅

ハイパーカミオカンデ

観光情報

上砂川岳温泉パンケの湯 上砂川岳日本庭園

豊かな自然と、大地からわき出る温泉がもたらす安らぎを、満喫していただける場所です。

四季折々の自然と和風庭園の佇まいで、心を癒していただける場所です。

奥沢キャンプ場 奥沢パークゴルフ場

鳥たちのさえずりと木々のざわめきが心地よい森の中のキャンプ場。 すぐそばに日本庭園と温泉があるのも魅力です。


原生林の麓に造られたコースで、さわやかな汗と風を感じることのできる場所です。

「健康の里」ウォーキングマップコース 旧 上砂川駅(悲別駅)

町内2箇所に設定したウォーキングコースが、道と健康づくり財団の『すこやかロード』に認定されました。健康づくりにお役立てください。


上砂川の輸送拠点の中心を担い、上砂川発展の礎となった上砂川駅。現在はドラマ「昨日、悲別で」の悲別駅となったことにちなんだ資料館になっています。

「旧 三井砂川中央竪坑(旧 地下無重力実験センター) 上砂川町水源公園

上砂川町の発展に欠かすことのできない「炭鉱」が存在した証。 炭鉱の閉山後、地下無重力実験センターの実験棟として転用され、その後実験センターも廃止となりましたが、空高くそびえる塔の姿は、現在も上砂川のシンボル的存在となっています。


おいしい上砂川の水を育む、自然と静寂を感じることのできるこの場所は、隠れた観光スポットです。

敢闘像 若山牧水 歌碑

昭和20年、石炭の増産意欲を向上するために実在の炭鉱夫をモデルに作成された像。 現在は「かみすながわ炭鉱館」の前に移設され、今も、中央竪坑を、そして上砂川の現在を見続けています。

roman_bokusi_kahi

大正15年に雪の降りしきる上砂川を訪れ、雪中所見として 秋すでに つぼみをもてる 辛夷の木 雪とくる頃 咲くさまはいかに 霜はいま 雫となりて したたりつ 朝日さす紅葉 うつくしきかな の句を詠んだことを記念し、昭和54年に建立された歌碑。 現在は「かみすながわ炭鉱館」の前に移設されています。

炭鉱館

_MG_0022

上砂川に人が住みつき、開拓されたのは明治32年頃と言われています。この上砂川に石炭が産出することは明治20年頃より知られており、石炭とともに発展してきた上砂川です。この炭鉱館はこれまでの石炭を掘る技術や、人々の生活、町の移り変わりを知って頂くために、いま、上砂川町が歩んできた歴史や文化を振り返り豊かな自然とともに暮らしてきた先人たちの英知と知恵を残された歴史遺産を通じてみなさんに知って頂くために建てました。

上砂川町からのお知らせ

 

パンケの湯

札幌・千歳空港の格安レンタカー予約 たびらい 北海道

北海道旅行のことなら、たびらい北海道ツアー予約

  

札幌の美容整形・皮膚科は口コミ広場

広告募集中

  

ページ先頭へ

大好きな笑顔が集う町 北海道上砂川町役場ホームページ | Copyright ©KAMISUNAGAWA TOWN ALL Rights Reserved.