• 奥山光一町長

    上砂川町長 奥山 光一

    上砂川町役場

    〒073-0292 北海道空知郡
    上砂川町字上砂川町40番地10

    q0125-62-2011

    p0125-62-3773

  • 人口・世帯数

    人口 3,221人

    男性 1,457人

    女性 1,764人

    世帯数 1,874世帯

    平成29年3月1日現在

上砂川町のできごと ゴロッケー大会 3/2 ゴロッケー大会が開催されました。
第7回雪ん子まつりin上砂川 2/18 第7回雪ん子まつりが開催されました。
移住・交流&地域おこしフェア 1/15 東京都で行われたJOIN移住・交流&地域おこしフェアに参加しました。
もちつき 1/6 モーニングスクールでもちつきを行いました。
全町混合ミニバレーボール大会 12/4 第25回全町混合ミニバレーボール大会が開催されました。
文化交流の集い 11/25 上砂川町文化協会創立50週年記念文化交流の集いが開催されました。
積雪 11/7 町内に雪が降りました。※写真はかみすながわ炭鉱館
植栽 10/21 双葉保育園の園児と一緒に消防庁舎の横にシバザクラの苗を植えました。

町営住宅

ハイパーカミオカンデ

旧 上砂川駅(悲別駅)

 「函館本線の唯一の支線」として石炭・乗客の輸送を行い、上砂川町発展の原動力となった「上砂川線」は、石炭の輸送手段として大正8年に前身の三井専用鉄道として開設されました。
 その上砂川側の終点「上砂川駅」付近には、着荷場(ちゃっかば)や選炭機(せんたんき)などの炭鉱施設が隣接され、石炭輸送の拠点として上砂川の発展を支えました。  時は流れ、炭鉱施設が醸し出す独特の雰囲気から、上砂川駅は映画やテレビドラマのロケ地となり、有名な作品の舞台として、時には重要なシーンの撮影場所に選ばれました。
 駅舎は、平成6年に上砂川線が廃止になった後に現在の場所に移設されましたが、テレビドラマ「昨日、悲別で」(昭和59年放送)の舞台となった架空の町「悲別」の多くが上砂川町で撮影され、その駅(悲別駅)として上砂川駅が使われたことから、時刻表や改札などをそのまま残し、ロケ当時の写真などを展示しています。

開場期間 4月上旬〜11月中旬
開場時間 午前9時〜午後5時
休館日 なし
外観 汽車 展示物
※画像をクリックすると拡大表示されます

上砂川町からのお知らせ

パンケの湯

札幌・千歳空港の格安レンタカー予約 たびらい 北海道

  

札幌の美容整形・皮膚科は口コミ広場

空知でホームページ制作ならにこいち

広告募集中

  

ページ先頭へ

大好きな笑顔が集う町 北海道上砂川町役場ホームページ | Copyright ©KAMISUNAGAWA TOWN ALL Rights Reserved.