窓口手続 亡くなられたとき

更新日:2021年04月01日

家族・親類・知人等が亡くなられた時に必要な手続きの内容・必要なものなどは、次のとおりです。

死亡届〜住民課戸籍年金係

上砂川町で亡くなられた場合、上砂川町に本籍、または住民票がある方について手続することができます。
(一時的に滞在している方も届出できます。)

手続きに必要なもの

  1. 届出人(親族)の印鑑
  2. 死亡届書(用紙は病院にあります)
  3. 医師の死亡診断書

届出期間

死亡の事実を知った日から7日以内に手続をしてください。

その他

死亡届を受理したときに、火葬許可証が交付されます。

国民健康保険の届出(喪失届)〜住民課医療保険係

国民健康保険に加入している方が必要になります。

手続きに必要なもの

  1. 印鑑
  2. 被保険者証(健康保険証)
  3. 届出人であることを確認できる書類

税の届出〜税務出納課税務係

亡くなられた方が固定資産・軽自動車をお持ちの場合は、納税義務者の変更手続が必要になります。

手続きに必要なもの

  1. 印鑑
  2. 新たに納税義務者になられる方の通帳・通帳印

注意:口座振替を継続、または新規に始める方のみ必要です。
ご利用いただける金融機関は北門信用金庫上砂川支店・郵便局です。

注意:250cc以上のオートバイ、または軽四輪自動車をお持ちの場合で、遺族の方が継続して乗られる場合は、ディーラーまたは販売店等に名義変更手続を代行してもらうか、ご自身で名義変更の手続をしていただく必要があります。
(軽自動車税の口座引き落としを希望される方は、変更手続の1ヶ月後に上記2.をお持ちの上、税務出納課税務係で手続をしてください)

町営住宅の名義変更の届出〜建設課管理係

亡くなられた方が町営住宅に入居されていて、遺族の方が継続して住まわれる場合は名義変更の手続が、退居される場合は退居の手続が必要になります。

手続きに必要なもの

  1. 印鑑
  2. (継続して住まわれる場合)新たに納税義務者になられる方の通帳・通帳印

注意:口座振替を継続、または新規に始める方のみ必要です。ご利用いただける金融機関は北門信用金庫上砂川支店・郵便局です。

上下水道使用者の名義変更の届出〜建設課管理係

上下水道を使用されている方が亡くなられて、遺族の方が継続して使用される場合は、名義変更の手続が必要になります。

手続きに必要なもの

  1. 印鑑
  2. 新たに使用される方の通帳・通帳印

注意:口座振替を継続、または新規に始める方。ご利用いただける金融機関は、北門信用金庫上砂川支店・郵便局・北海道労働金庫砂川支店ですが、郵便局口座での引落し手続は、直接郵便局窓口で通帳と通帳印を持参のうえ、手続してください。

この記事に関するお問い合わせ先

住民課 戸籍年金係
電話番号:0125-62-2220
〒073-0292
北海道空知郡上砂川町字上砂川町40番地10